名古屋で介護施設を探すなら名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

サービス付き高齢者向け住宅と住宅型有料老人ホームとの違いとは

2018年10月31日

名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケアの道家です。

名古屋で有料老人ホームをお探しの際は実績豊富な当紹介センターにご相談ください。

「サービス付き高齢者向け住宅と住宅型有料老人ホームの違いってなんなの?」
と聞かれる事が多かったので、本日はサービス付き高齢者向け住宅の特徴に関して記載しますね。

サービス付き高齢者向け住宅の特徴ですが、
・自立、要支援の方向けの施設(一部例外有り)
・お部屋にキッチン、トイレ、浴槽等がある施設もある
・外部サービスが利用可能
・懇意のケアマネージャーに引き続き担当してもらうことが可能
・福祉用具は要介護2以上であれば介護保険内で借りることが可能
・キレイな施設が多い
・駅近な施設が多い

サービス付き高齢者向け住宅は介護保険の制度自体は住宅型有料老人ホームと同じです。
そのため、上限を超えた場合は実費が必要となります。
また、外部のケアマネージャーの利用,介護保険内での外部サービスの利用、
福祉用具の利用に関しても同じですね。

では、何が違うのか、それは建物の基準にあります。
・一戸あたりの床面積が原則25㎡以上
・居間、食堂等、共同利用するために十分な面積の設備がある場合は18㎡以上とすることができる
・原則的に各戸に台所、水洗便所、収納設備、洗面設備及び浴室等がある

サービス付き高齢者向け住宅には上記のような特徴がございます。
実は、サービス付き高齢者向け住宅は介護保険の制度的には厚労省、建物自体に関しては
国土交通省の管轄です。
そのため、住宅型有料老人ホームとの違いは建物の基準、設備に違いがあるわけなのです。

ちなみに、安否確認と生活相談サービスを最低限のサービスとしている
のもサービス付き高齢者向け住宅の特徴ではありますが、
この点に関してはどこの施設でも基本的にやっていることではあります。

老人ホームと一言で言っても施設に寄って様々な特長があります。
ぜ名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケア入居者様にあった施設のお手伝いをさせていただきます。

<<老人ホームをお探しの皆様へ>> 名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど 老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケアへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→ 0800-100-0810(道家まで)

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ
三河知多老人ホーム・介護施設紹介センター

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
ケアシステム株式会社 企業情報
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ