名古屋で介護施設を探すなら名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

今、高齢者がずっと入院していられない理由

2017年02月21日

名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケアの兼松です。

名古屋で有料老人ホームをお探しの際は、当有料老人ホーム紹介センターにご相談ください。

年齢が高齢になればなるほど、病院にお世話になる機会も増えていきます。
高齢者によっては、入院が多くなっていくこともあるでしょう。
しかし、最近では高齢者が入院できる期間は大体3ヶ月だといわれていて、3ヶ月を過ぎる前に老人ホームや病院を探さなくてはならないこともあります。

・高齢者を長期的に入院させている病院にはペナルティーがある
高齢ともなると体の至るところにガタがきて、入院しないといけなくなることもあります。
ですが病院に入院できる期間は、高齢者の場合は3ヶ月しかないと覚えておきましょう。
3ヶ月以上高齢者を入院させている病院には、入院医療報酬が極端に減ってしまう制度があります。
この制度によって、高齢者が長期的に入院している病院には、ペナルティーがかせられるようになりました。
そのため、体調が万全だとはいえない状態であっても、3ヶ月以上は入院ができないということで病院から退院しなければならなくなります。
病気が原因で体に障害が残ってしまった場合は、自宅で介護を行うことが難しいため、医師が常駐している老人ホームに預けるという選択もできます。

・入院して3ヶ月を超える前に施設を探すことになることが多い
高齢者の人が病院に入院をした場合、短期間で退院できるとは限りません。
高齢者の場合は、若い人に比べて体が衰えてしまったり、回復能力が低いということから入院が長くなってしまうことが多いのです。
この場合、病院から家族に介護施設である老人ホームを探すようにいわれたり、入院できる病院を探してほしいといわれることもあるそうです。
介護施設が整っている老人ホームによっては、医師や看護師がいること、リハビリが受けられることによって老人ホームなら症状が改善されることもある、と考えている医師もいます。
要は高齢者をたらいまわしにしている状態になり、その解決策となるのは病院を探すことよりも老人ホームを探した方が、即座に解決できる方法となります。
新たに入院できる病院を探したとしても、入院できる期間は3ヶ月と決まっているため、それ以上いることができません。
しかし、老人ホームを探しておけば回復傾向にある高齢者を引き受けてくれることはとても多く、入退院を繰り返しているわけでもないので老人ホームに入りやすくなります。

このように病院を転々とするよりも、老人ホームにお世話になっていた方が高齢者の方にとっても良いと思います。
色々な場所を転々としているだけでは、病院の環境に慣れる頃には転院しなければならなくなるので、精神的な疲労が蓄積されていきます。
老人ホームであれば長く住み続けることができるので、高齢者にとってはそちらの方が良いと思います。

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケアへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(兼松まで)

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ
三河知多老人ホーム・介護施設紹介センター

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
ケアシステム株式会社 企業情報
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ