名古屋で介護施設を探すなら名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

嚥下が苦手な方に対しの対処法

2017年07月24日

名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケアの兼松です

名古屋で介護施設をお探しの際は当有料老人ホーム紹介センターにご相談ください。

老人ホームでは様々な方が入居していることで、身体的な介護や食事での補助が必要になることもあります。
身体的な介護では一般的に行うことは同じなのですが、食事的な補助では高齢者の用途に応じて適切な物に変える必要もあります。
老人ホームでは、できるだけ入居している高齢者が食べやすい料理になっていますが、高齢者によっては皆と同じ物が食べられないこともあります。

・嚥下が苦手になっている高齢者もいる
年齢が高齢になっていくと、物を飲み込む力が徐々に弱ってしまいます。
そのため、ご飯を食べても上手く飲み込むことができなかったり、水分をとることが難しい人もいます。
嚥下が困難なのは噛み切れない、飲み込めないというのが原因になるため、老人ホームでは噛みやすいものや飲み込みやすい物に変更して対処しています。
老人ホームで提供している食事は、主に高齢者でも食べやすいものになっているのですが、嚥下が苦手な方というのは一口サイズの物でも噛んで小さくしていくことができないため、さらに小さくして食事を提供しなければなりません。
さらに、水分に関してもサラッとしているものではなく、とろみ剤を使って飲み込みやすいものにしたり、むせにくいものにしています。
老人ホームでは食事の補助を行う際に、しっかりと食事を飲み込んだことを確認しています。
また、高齢者の食べるペースに合わせて老人ホームでは食事の補助を行うので、焦って食事を行うことはなくしっかりと安全に食事を飲み込むことができます。

・老人ホームでは嚥下訓練を実施している
このような高齢者に対して、老人ホームでは嚥下訓練を実施しているところが多いです。
嚥下訓練というのは飲み込む力をアップさせたり、噛む力を強くすることができるリハビリです。
嚥下能力をアップさせるためには、声を出すようにすることで鍛えられます。
老人ホームでは、介護士によって嚥下訓練を行うこともあり、実際にはむせる人やなかなか食事や飲み物を飲み込めない人に対し、リハビリとして嚥下訓練を実施しています。
老人ホームではこのような高齢者の方が多いことで、集団的にリハビリを行うこともあります。
皆で楽しみながら歌を歌ったり、声を出す体操をしてリハビリを随時行っています。

このように老人ホームでは介護を行うことだけではなく、嚥下能力をアップさせることができるように、リハビリを行うこともあります。
リハビリではすぐに効果を感じられないことが多いですが、食事の際は介護士が補助を行うことで、しっかりと食事を飲み込んだことを確認するようにしています。

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケアへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(兼松まで)

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ
三河知多老人ホーム・介護施設紹介センター

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
ケアシステム株式会社 企業情報
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ