名古屋で介護施設を探すなら名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

老人ホーム(介護施設)入居中に入院してしまった場合、どうなりますか?

2016年08月23日

名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの兼松です。

名古屋で有料老人ホームをお探しの際は、当有料老人ホーム紹介センターにお問い合わせください。

 

■入居後に多い入院による問題

入居前は元気であっても、急激な身体機能の低下によってケガや病気のリスクは高まります。 なので、老人ホームに入居した後に、病気は発症してしまう事もありえるのです。 老人ホームは介護施設であり、看護施設ではないので特別養護老人ホームの規定では「入居中に3ヵ月以上の入院、また医療職員により医療行為が必要となった場合は退去を命じる事がある」といった内容があります。 なので医療職員が常駐している施設、病院が併設されている施設など特殊な老人ホームでない限りは医療行為が行えないので、長期の入院だと退去を求められてしまうのです。

■民間の有料老人ホームなら退去をしなくて良いケース

民間の有料老人ホームを利用している場合、退院の見込みがあれば施設を退去しなくても済む事があります。 しかし、部屋は借りている状態なので、月額料金を支払う必要があります。 ですが、このような制度を導入している民間の有料老人ホームは多いので、入院が必要になってくる場合には便利です。 また、入院じゃなくて通院が必要な場合でも、退去せずに施設で生活する事ができます。

■退去要件はしっかり確認する事

入居者の入院が必要になった際、早期退去した場合のトラブルは特に多いと言われています。 ですので、もし入居中の入院で退去を求められた際に備え、契約前の重要事項説明書の記載されている「退去要件」についてはしっかりと確認しておきましょう。 文章では分かりにくい事があれば、必ずスタッフに質問して詳しく確認をとってください。 他にも、長期入院や認知症を発症してしまった場合の事も、過去の退去事例を施設に確認する事やインターネットなどで調べると参考になります。

■入居一時金の償却方法や償却期間について

入居の際には初期費用として入居一時金を支払い、退去の場合は一部が償却されます。 しかし、その償却方法や償却期間は施設によって異なるので、その点を確認する事も大切です。 入居一時金は「初期償却」と「返還金」と分けられます。 初期償却は契約した時点で施設のお金になり、そのお金は返金されません。 一般的に入居一時金の約20~30%が当てられますが、安い入居一時金の全額が初期償却になる事もあります。 一方、返還金は初期償却を引いた金額を、施設が定める期間内と償却方法、入居機関に応じて利用者に変化されるお金です。 償却期間は10~15年が一般ですが、初期償却が全額の場合だと返却されません。 また、償却期間が過ぎてしまうと入居一時金の返金されないので注意しましょう。 このように、早期退去での返金に関するトラブルがないように、償却の情報もしっかり確認しておくと安心です。

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケアへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(兼松まで)

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ
三河知多老人ホーム・介護施設紹介センター

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
ケアシステム株式会社 企業情報
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ