名古屋で介護施設を探すなら名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

認知症介護ユマニチュードって?

2017年05月08日

名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケアの兼松です。

名古屋で介護施設をお探しの際は、当紹介センターにお問い合わせください。

さて、今日はユマニチュードについてお話ししたいと思います。これは以前ブログでも取り上げたことがあるのですが、NHKなどで最近また取り上げられていたので、再度取り上げてみたいと思います。

家族が認知症になった、その結果、暴言、暴力、大声や攻撃的な行動が起こるようになった。病院では抑制や身体拘束で治療を優先することがあります。

今、フランスのイヴ・ジネスト氏が創設した、『ユマニチュード』が注目されています。

ポイントは哲学を含めると5つ

前提はあなたがそこにいて、私と同じ価値観を持つ同じ人間だということをつてえるということ

そして基本は
①見る
②話す
③触れる
④立たせる

見るは認知症患者の視線を同じ高さの視線でとらえ続け見つめること。認知症患者は視野が狭く認識力が弱いので上から見たり、視界へ急には入らず、遠くからゆっくり入る。

話すのはゆっくりと前向きな言葉であいさつする。

触れるのはやさしく触れて、決して掴まない、認知症患者の意思を支えるように触れる。

立たせるのは自分の足で立つことでそこに自分がいるという認識を持ってもらうため。

大まかにはこのような要素があるようです。

日本でも普及が広まってきています。

認知症の方は認知力の低下で不安やストレスの連続ですし、また、自分の存在の認識がされているのかも不安です。そうした中で存在を認め、安心できる人間関係を構築することで問題行動がない状態になったりするそうです。

確かに、自分がもし認知症になったとすると、人が急に視界に入ってきて、手をつかまれたり、無理やり介護されたらびっくりして抵抗します。だって、自分を守りたいし、安心できる場所にいたい。

認知症になってもきっと気持ちは今のままですし、判断能力や認識力だけが落ちているだけです。心老いていかない、刺激が少なくなり、鈍くはなるものの、喜怒哀楽はあるのです。

 

一人の人間として尊厳を認め、認知症だから、体がうまく動かないからと健常者の目線でやってあげる、支えるというのはエゴなのかもしれない。

いろいろな介護の考え方があり方法があると思います。むしろあってもいいでしょう。人は十人十色と言いますが、介護も施設によってそれぞれです。本人に合った介護施設選びができるといいと思います。

介護施設を選ぶ際は当、有料老人ホーム介護施設紹介センターにご相談ください。

 

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケアへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(兼松まで)

 

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ
三河知多老人ホーム・介護施設紹介センター

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
ケアシステム株式会社 企業情報
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ