名古屋で介護施設を探すなら名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの兼松です

2015年04月09日

名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの兼松です。

 

昨日は寒かったですね・・・

寒の戻りとはいえ戻りすぎだろ!!というくらい寒くなってトイレが近い一日でした。

 

無理やりトイレの話題をしましたが・・

そうです。今日はトイレのお話をしたいと思います。

 

題して、 ☆介護施設の選び方~トイレ編~☆

 

有料老人ホームを見学にいくと施設によってトイレの場所・仕切りのタイプ・手すりの配置が違います。もちろん、入居される方の体の状態によって使い分けがいると思います。

 

見学に行った際、まず気になるのはトイレの仕切りです。2タイプあります。カーテンで仕切るタイプと引き戸のタイプに分かれます。

それぞれ一長一短がありますので、重視するポイントで選らんでください。

・カーテンタイプ

最大のメリットはトイレへ入る際に間口が広く、車いすでトイレに行きやすく、車いすからの移譲がしやすい。介護者が介助しやすいという特徴があります。

デメリットはカーテン一枚のになるので、居室との区別されいいる感覚が薄い。匂いが居室に広まる(気になる)。

 

・引き戸タイプ

カーテンタイプの真逆になります。

メリットは匂いが気になりにくい。ちゃんとトイレで排泄している感覚がある。

デメリットは間口が狭く、車いすで入るのに時間がかかる。介助者が介助しにくい。

 

ちなみに数は少ないですがこの中間をとっている施設もあります。アコーディオンカーテンを採用している施設です。匂いの問題・間口の広さも確保できるのでお勧めです。

 

ちなみに部屋にある施設とない施設では料金価格の違いがありあます。トイレ付のお部屋のほうが少し高くなります。

部屋にトイレがあることと、ないこと。これも一長一短があります。見方・考え方なのですが、トイレまで歩いていき排泄するというのは、生活のなかで体の機能を使っていますので、ある意味リハビリを行っているとみることができます。

 

オムツをしていると便意や尿意が鈍くなります。なるべくなら、便意・尿意を感じたら、出ても出なくてもトイレに座る習慣を作るのも大切です。

先日、ご相談を受けた利用者さんもオムツで便意も尿意も感じてましたが、病院で介護されるうちにトイレでさせてもらえず、オムツで対応されて便意・尿意が薄れていき、トイレに行くことをあきらめていましたし、そんな自分を悲しんでいらっしゃいました。

食べること、排泄は生きていることの実感ですので、できるだけ自分でできることがいいのではないでしょうか。部屋にトイレがないからダメということでもありません。その方の生活のあり方、人柄、性格・性別で家族は施設を見て選んでいただきたいです。施設は終末を迎えるための場所ではありません。あくまでも生活の場です。生活の場の延長に終末があると思います。

施設はそこに楽しい生活を提供するための工夫をしています、どういった生活をしたいのかが大事です。

 

もし、迷われることがありましたら、たくさん見学しましょう。

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(兼松まで)

 

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ
三河知多老人ホーム・介護施設紹介センター

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
ケアシステム株式会社 企業情報
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ