名古屋で介護施設を探すなら名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの兼松です

2016年03月28日

名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの兼松です

名古屋で有料老人ホームをお探しの際は当有料老人ホーム紹介センターにお問い合わせください。

さて、今日は施設選びの際に、リハビリを希望することが多いという話はブログの中で触れてきたことが多いと思います。

リハビリというと相談を受ける中では理学療法士、言語聴覚士のイメージを持つ人が多いです。

正直、作業療法士と理学療法士の違いで施設のリハビリを選ぶわけではないと思いますが、作業療法士にスポットを当てていきたいと思います。

まずは、それぞれの違いについて

理学療法士(PT)は、寝返る、起き上がる、立ちあがる及び歩くなど、日常生活で必要な基本動作ができるように身体の基本的な機能回復をサポートする動作の専門家です。

言語聴覚士(ST)は、ことばや聞こえ、認知、嚥下(えんげ/意味:飲み込み)などに問題がある方々に対して、評価・訓練・指導などを行い、思いを伝えあって生きる喜びを持てるように専門的立場から支援する専門職。

作業療法士(OT)は、入浴や食事など日常生活の動作や、手工芸、園芸及びレクリエーションまであらゆる作業活動を通して、身体と心のリハビリテーションを行う専門家です。

PTに比べ受験者や資格者が少ないOTですが、有料老人ホームへ入所した際のリハビリは作業療法士の色が強いです。もちろん日常生活での身体的なな基本動作の維持は重要ですが。高齢になってできた作業や物事ができなくなったことへのジレンマやくやしさをもって自信を失っていくなかで、さまざまな方法やアプローチから生活動作の向上を行っていく、単に身体的なアプローチの理学療法士ではに比べ、患者さんの心理的な部分からアプローチしている点で、高齢者の有料老人ホームでの生活の質の向上につなげることができる専門職だと思います。

OTがいる有料老人ホームは数が少なく希少ですので、そういった施設をお探しの時は当紹介センターにお問い合わせください。

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(兼松まで)

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ
三河知多老人ホーム・介護施設紹介センター

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
ケアシステム株式会社 企業情報
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ