名古屋で介護施設を探すなら名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

老人ホームでの誤嚥対策

2017年03月23日

名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケアの兼松です。

名古屋で有料老人ホームをお探しの際には、当有料老人ホーム紹介センターにご相談ください。

.老人ホームには様々な高齢者や、数多くの高齢者がいるため嚥下が困難な方も多いです。
嚥下が困難だということは、食べ物を飲み込むことが難しい高齢者が多いということです。
食べ物を上手く飲み込むことができない場合は、むせてしまうことが多くなったり、気管に入ってしまうことも考えられます。

・誤嚥をしないために老人ホームが行っている工夫とは?
老人ホームでは、様々な高齢者が同じ食べ物を口にするということもあり、老人ホームで提供している食事にとても気を使っています。
老人ホームでは誤嚥をしないように、高齢者でも食べ物が食べやすいように工夫されています。
通常の食事が上手く飲み込めないような高齢者の場合は、小刻みに切ったり、ミキサーにかけたりして高齢者でも食べやすいようにしています。
さらに、老人ホームでは食事を食べる際の姿勢も重視していて、適切な姿勢で食べることによって誤嚥をしないように注意をしています。
高齢者が誤嚥をしてしまうことで、肺炎になるリスクも高くなってしまうため、老人ホームではこれらに気をつけながら食事を取るようにしています。
誤嚥から肺炎になってしまう理由は、食べた物が胃に運ばれるのではなく気管に入ってしまうことで、拒否反応が起こり炎症を起こしてしまいます。
高齢者の場合は、これが原因で肺炎になってしまう可能性が高いので、老人ホームでは誤嚥をしないように注意深くチェックしています。

・機能訓練を行うことで飲み込む機能を高める
誤嚥をしてしまうのは噛む力が衰えてきたり、飲み込む力が衰えてくることで起こります。
ですので、普段から噛む力や飲み込む力を鍛える必要があると考えられます。
老人ホームでは噛む力や飲み込む力を鍛えるリハビリを行っていて、できるだけ自分の力で誤嚥をなくしていこうと考えています。
言語聴覚士にリハビリを行ってもらう方が効果的なのですが、老人ホームでは言語聴覚士を配置している施設が少なくなっています。
そのため、介護士によって飲み込みのリハビリをしている老人ホームもあります。

このように誤嚥をしてしまうことで病気になりやすいこともあるので、老人ホームでは誤嚥に関して特に注意をしています。
また、口腔体操を行うことで口の中の筋肉を和らげる効果もあるので、老人ホームでは食事を行う前にリハビリを行っている施設もあります。
多くの老人ホームで、一人一人の高齢者に対して誤嚥をしないように、注意しながら食事の補助を行っているのです。

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケアへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(兼松まで)

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ
三河知多老人ホーム・介護施設紹介センター

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
ケアシステム株式会社 企業情報
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ