名古屋で介護施設を探すなら名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

老人ホームに住むデメリットってなんですか?

2016年05月06日

年を取った時、頼りになるのが老人ホームです。 最近は多くの老人ホームがありますので、入居者側の選択肢は広がっています。 安心して生活できるなど、老人ホームのメリットもありますが、デメリットが気になります。

・利用料金の問題 高齢者にとって魅力的な老人ホームですが、デメリットもありますので注意しておいてください。 施設に住むデメリットの中でも大きな点は、利用料金です。 老人ホームはとてもお金がかかる施設であることを、よく理解しておく必要があります。 公共施設型である特別養護老人ホームは、利用料金は低く抑えられていますのでそんなにデメリットを感じる方はいないかもしれません。 しかし有料施設では初期費用を始め、多額の料金が必要になりますので事前準備が必要です。 そのためある程度自立して生活できる方は、有料老人ホームで暮らすことが本当に正しい選択なのか、今一度検討する必要があります。 福祉施設に多額のお金を投じるよりも、家族と一緒に生活する方が正しい選択であることもあります。 もちろん有料施設の中にも利用料金が安いところがありますので、探してみるのもいいでしょう。 また福祉施設に入居するしないは、各自の価値観の問題でもありますので、本人や家族の選択に委ねられます。

・施設ごとのデメリット 老人ホームに住むデメリットも様々ですが、施設の種類ごとのデメリットを紹介します。 まず「健康型有料老人ホーム」です。こちらは介護を必要としない、自立した人が対象となった施設です。 こちらのデメリットは、介護が必要になった時に、退去や転居の必要があることです。 また入居料金が高額であることも挙げられます。 次に「住宅型有料老人ホーム」です。こちらの施設は、要介護者、介護が不要の人が混合して生活している施設です。 介護サービスはありません。こちらは施設の内容以外は一般の住宅と同じですので、自立生活力が必要だと言うことです。 そして「混在型有料老人ホーム」です。こちらは、介護が必要な方、必要でない方が一緒に生活している施設です。 こちらの施設では、細かいサービス面に欠けていることです。 プライバシー配慮などが欠如しており、全体的に個人単位の要求に対する対応力に欠けています。

このように老人ホームはメリットばかりでなく、デメリットもありますので注意してください。 メリットばかりに目を取られると、デメリットに気づきにくいものです。 そのため入居する際は、デメリットもしっかりと把握しておく必要があります。

 

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケアへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(兼松まで)

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ
三河知多老人ホーム・介護施設紹介センター

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
ケアシステム株式会社 企業情報
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ