名古屋で介護施設を探すなら名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの兼松です

2015年04月01日

名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの兼松です

yjimage

今日から新年度スタート一日目ニュースの多い一日じゃないでしょうか?

 

多くの会社で入社式が行われ、多くの新社会人が誕生しました。

ちなみに介護業界は人でが足りていないといわれていて、求人倍率は2倍近くで高止まりしているとのこと。

少子高齢化の中で少しでも多くの若いひとが働いて活躍し、高齢者を支える社会でいてほしいですね。

 

また、今日はとても楽しい日です。選抜高校野球では敦賀気比高校が北陸勢で初優勝しました。

全試合完投は16年ぶりだそうです。

 

そして、普段木曜に書いてるブログを水曜の今日にブログを書いているその理由は一つありあます。

 

そうです!!今日はエイプリルフールです、各社も広告戦略の一環でセンスある嘘をついています。

皆さんも今日は嘘をついていい日です。ぜひ、周りが幸せになれるような嘘をついて周りをハッピーにしちゃってください

 

さて、高齢の認知症の方も無意識に嘘をついてしまうことがあります。

たとえば、『駅前に立つビルのお金は私が出した』とか『私の預金通帳を長男の嫁が持ち逃げした』等々、ありもしないこと(嘘)を話出すことがあります。

これは認知症の症状で『作話』といいます。本人は、嘘をついているつもりはありません。認知機能が衰えているため、必要なことを忘れたり、その反対に不要な情報が残っていたりすることがあるので、作り話をすることで、本人なりに矛盾を正して納得しようとしているとも考えられるようです。

また、認知症の人は大きな変化に適応することが難しいので周りの環境の変化を認識できていない可能性があります。

家族は不可解な言動をするので、感情的になって『何言ってるの!?そんなことはない』と言ったり、無視することがあると思います。

 

ですが、それをしてはいけません。嘘や作り話だとわかっていても、認知症の人にとっては真実ですから、否定したり無視したりすることは避けましょう。否定すると、周りの人に心を閉ざし、敵意さえ抱くようになることがあります。

どんな気持ちがするでしょう。どれだけ不安で悲しくなるか、家族や息子、娘に否定、無視されることがどれだけ傷つくことか想像がつきますね。

否定したくなるようなことが多いかもしれませんが、できるだけ「そうですね」とひとまず話を聞いて、落ち着かせてあげることが大切です。自慢話のような内容であれば、とてもご機嫌で話しているはずですので、しっかり聴いて気持ちを共有してあげるといいでしょう。それでも、中にはトラブルの原因になるような作話をすることもあるかもしれませんから、家族は頭を抱えてしまいます。

例えば、家族がお金を持ち逃げしたなどと近所の人に話したりすることもあるかもしれません。場合によっては、前もって近所の人に事情を話して理解を求めることで、ある程度は誤解を防ぐことが可能でしょう。

 

近所の目を気にして理解を求められない状況もあるでしょう、ですが、認知症は病気です、昔よりも一般の方の知識も認識もよくなっています。勇気を出して行動することで、いい関係で過ごしていけると思います。もし、どうしても家族で対応することが難しいのであれば、専門家のいる施設を頼りましょう。

相談を受けていると施設を頼ることは家族を見捨てること、捨ててしまうことと罪悪感感じている方がいらっしゃいます。ご家族をお思いになるお気持ちは大切なことだと思います。

お互い疲れず、ずっと仲のいい家族でいるための一つの方法として考えると気が楽になるかもしれません。

 

施設を探すときに、少しでも安心した納得できる施設探しができるように、私たちが、お手伝いさせていただきます。

気軽にご相談ください。

 

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(兼松まで)

 

 

 

 

名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの兼松です

2015年03月30日

名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの兼松です

 

こんにちは今日はお金の話、今月とある家族の相談を受けていたところ、『4月から入居するときにかかるお金はいらなくなるんでしょ?』とのご相談を受けました。

logo

これは誤解をされている人も多いと思いますので、少しお話したいなと思います。

そもそも一時金の廃止の背景には、今有料老人ホームと入居者の間で、入居一時金をめぐるトラブルが頻繁に発生していました。

入居一時金というのは、施設への入居時に、入居者が施設側に支払う金額をいい、相場としては数百万から1000万円以上の額を支払うことを義務付けられる施設も存在しています。入居者は、毎月施設に利用料を数十万円支払うのとは別個に、入居時には怪しげな上記金額を支払わされていました。

といっても、名古屋ではあまり一時金が高い施設はありませんが・・・・

この入居一時金をめぐっては、多くの施設が、一度入居してしまうと1年以内に退去しても30%~40%程度は「償却され」返還されないとの定めがされています。

そこで、例えば、入居一時金を1000万円以上支払って入居したにもかかわらず、たった数カ月後に退去した際には、600万円しか返還されないという償却分の返還をめぐっての施設と入居者の間でトラブルが発生していました。

この入居一時金の性質について、有料老人ホーム側は、施設利用権取得のための金額であるとか、施設の設置費用を負担するものであるといった言い分を主張していました。

そこで、国は平成23年3月11日に老人福祉法改正第26条第6項により、「有料老人ホームの設置者は、家賃、敷金及び介護等その他の日常生活上必要な便宜の供与の対価として受領する費用を除くほか、権利金その他の金品を受領してはならない。」と明記しました。

そして、平成24年4月1日に施行されたこの法律は経過措置が明日で終わり、4月からすべての老人ホームに適用されます。

 

で、どうなの?って思われると思いますが、つまり、今まで不透明でどの部分が権利金でどの部分が敷金・前払い家賃なのかわからなくて、施設を利用するための権利金が大半だったものが家賃、敷金及び介護等その他の日常生活上必要な便宜の供与の対価(家賃・事務手数料・敷金)に限定されたため、施設は権利金としてお金を取れなくなり、償却ができなくなったということなんです。

だから、全く入居一時金がなくなるのではないんです。ただ、入居一時金が家賃の前払いになっているだけなんです。

 

ただ、4月から料金の変更はあるところはあると思いますので、3月に見学して施設を検討している方は注意が必要かもしれません。

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(兼松まで)

 

 

こんにちは、名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの兼松です

2015年03月27日

こんにちは、名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの兼松です

 

今週は寒の戻りで月曜から寒くなりましたね、それでも週の後半にはちらほら春らしさが見えてきた感じですね。

 

さて、最近、月に数件問い合わせがあるのが夫婦での入所のご相談です。

基本的に夫婦で入居できる部屋を持っている施設は少ないのに対して、夫婦で施設に入所する希望方が多くなかなかすぐに入所できないことが多いです。

どういった施設を希望されるのかにもよります。たとえば、看護師が常駐しなくて訪問看護で対応してくれるのでいいのであれば、サービス付き高齢者住宅など2LDKの広い部屋があります。名古屋市ではミサワホームのプレステージシリーズにあります。

 

あとは住宅型、介護付きの施設にも夫婦部屋を持っている施設はあります。

もし、夫婦部屋がいっぱいの場合は、2部屋借りていただいて1部屋を寝室、1部屋をリビングとして使うケースがあります。

 

金額の目安として考えていただきたいのは夫婦部屋の二人入居で基本料金が最安19万~最高で27万に+介護保険+雑費+医療費になります。

全部込の金額相場で25万~35万は見込んでください。

 

 

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(兼松まで)

おはようございます、名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの兼松です

2015年03月23日

おはようございます、名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの兼松です。

 

名古屋の桜の満開予想は3月31日とのことです。花見が楽しみですね。

私も今回、会社の花見の実行役になりました。頑張ります。

 

 

さて、よく相談を受けていますと、料金体系のお話を聞きます。

よくあるのは施設のパンフレットにある表示金額だけで入居できるのかといったものです。

確かにパンフレットに表示の金額があれば、それが一月の全部の金額だと思いますよね。

知りたいのは自分のご家族が施設に入るのにいくらかかるのかということですよね?

 

基本的にはこういった形になります。

基本日(家賃・管理費・共益費・食事)+介護保険一割負担分+医療費+雑費(ティッシュ・シャンプー・嗜好品等)

 

パンフなどの表示金額は介護保険一割負担分等のものは入っていません。

たとえば、要介護3でオムツ使用で施設の表示金額が13万なら予算としては18万を見込んでください。

介護度にもよりますが、住宅型有料老人ホームなら、表示金額にプラス3万~5万を足して考えれば大まかな月の金額が想像できると思います。

 

リネン費、ベッド代金、吸引器代、胃ろうの際には減額で食事が発生するのか等の細かな料金体系は施設ごとによって違います。

実際に見学した際に細かな部分は詰めて聞きますしょう。もし、聞けない場合は当センターの相談員がサポートいたしますのでご安心ください。

 

 

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(兼松まで)

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ
三河知多老人ホーム・介護施設紹介センター

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
ケアシステム株式会社 企業情報
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ