名古屋で介護施設を探すなら名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

おはようございます、名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの山崎です

2015年03月05日

おはようございます、名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの山崎です

 

yjimage

今日は施設を見学された皆様が施設を選ばれるときの重視されるポイントをお話ししたいと思います。

 

施設を選ぶとき『これは絶対はずしたくない所』『これは少し譲ってもいいな』という部分を整理しておくと、見学に行ったときに聞きたいこと、見るところがはっきりしてくると思います。

例えば、サービス(リハビリ、レクリエーション)・対応力(医療の部分)・スタッフの質・設備・綺麗にしているか等があります。

 

大まかには4つポイントがあります。

 

『近い』

『きれい』

『安い』

『安心』

この中で一番どれかを重視して選ばれます。

 

『近い』 ・・・・ ご家族の方がすぐに行ける場所、地下鉄・バス停から徒歩何分、車、タクシーで何分ということころを重視

 

『きれい』 ・・・ 新しくて清潔感があり綺麗な建物を重視

 

『安い』 ・・・・ ご予算に応じたものや、料金とサービスを考えて決める

 

『安心』 ・・・・ 医療対応がどれだけできるのか 看護師が24時間常駐か 看護師がいるのは日中のみで夜間はオンコール対応か

胃ろう管理や痰吸引、気管切開や、呼吸器が対応できるなど

 

いずれにしても施設に対する多種多様な要望、家族様の思いがあります。

なかなか希望に完全に100%対応できる施設はみつからないことがありまあす。

ご家族の終の棲家になる有料老人ホームですから、納得するまで施設を見てください。もちろん、当紹介センターでは、ご希望に沿った施設探しを入居までサポートします。

 

・一度じゃなくもう一回施設を見学したい。

・食事を試食したい

・食事時間の雰囲気を見たい

・見学時に施設に送迎を依頼できなか

 

他にもご要望くだされば、施設様に相談させていただきます。

 

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>

名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど

老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターへご連絡下さい。

【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(山崎まで)

おはようございます、名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの竹岡です

2015年03月02日

 

おはようございます、名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの竹岡です

 

さて、三月に入りイベントが多い月になりましたね。卒業式や転勤、ひな祭り。

明日はひな祭りです。施設でも季節感を忘れないようにこうしたイベントを行っています。

ちなみに、ちょっと変わったひな人形をご存知ですか?

福寄せ雛というものがあります。岐阜県の郡上八幡には古い町並みに福寄せ雛が多く展示してあります。

見てみるとクスッと笑ってしまうのですが、ひな人形たちの日常をひな人形を使って展示されています。

thJGKNIC3F ← 福寄せ雛

 

スノーボード、スキー、温泉の帰りに城下町に出かけられてはいかがでしょうか?

 

 

さて、今日は老健についてお話したいと思います。

老健ってよく聞きますが正式には『介護老人保健施設』といいます。

老健は介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目指すために、医師による医学的管理の下、看護・介護といったケアはもとより、作業療法士や理学療法士等によるリハビリテーション、また、栄養管理・食事・入浴などの日常サービスまで併せて提供する施設です。利用者ひとりひとりの状態や目標に合わせたケアサービスを、医師をはじめとする専門スタッフが行い、夜間でも安心できる体制を整えています。

ちょっと難しいかもしれませんが、簡単に言うと、病院から自宅に帰って生活する前に少しリハビリして、家に復帰するために、元の生活ができるように訓練する、病院と自宅の中間施設になります。

 

対象の人は介護保険法による被保険者で要介護認定を受けた方のうち、病状が安定していて入院治療の必要がない要介護度1~5の方で、リハビリテーションを必要とされる方です。

お部屋は多床室、10人程度1ユニットの生活単位のユニット型個室、従来型の個室があり、施設ごとに違います。

 

あくまでも自宅に帰るまでの中間施設なので、長期の入所はできません。三か月ごとの判定会議が行われ、退所の判定が行われます。

入所についても、判定が行われますが、服薬の量が多かったり、薬価が高い薬の服薬をしている場合は入所は厳しい場合があります。

 

もし、在宅復帰が難しく、退所になったケースで特養も難しいとき、有料老人ホームを選択するケースはぜひご相談ください。

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(竹岡まで)

 

 

 

 

おはようございます、名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの野口です

2015年02月26日

おはようございます、名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの野口です。

service_img_04

今日は特別養護老人ホームについて話したいと思います。

 

皆さんもご存じの通り、よく「特養」と言われているものです。

どんな施設なのかというと

 

社会福祉法人や地方自治体などにより運営される公的な介護施設で、65歳以上の身体または精神上に障害があり、要介護認定で要介護1以上の認定取得者が入居可能なホームになります。

 

利用料金も、利用者本人の所得により決定されますので一般的には家族負担が発生しにくく利用しやすい料金面になるのも特徴です。

大体の目安ですが月額7万~13万程度の費用が掛かります。

 

あとはよく耳にする待機者数が200人とかの話ですが、特養さんに話を聞きますと実際は200人も待機者はいないと聞きます。実際は半分くらいです。いろいろな特養に複数申込みされる方が多いのでそうなります。

 

じゃ、今は申し込めばすぐ入れるの??

 

いいえ、そうじゃないんです。優先順によって待機の順番が変わるんです。

介護度が重い人、経済的に厳しい人、独居等で緊急性が高い人が優先されます。

 

なおかつ、ここからが重要です!!

 

今年の4月から要介護3以上の方しか受け付けてもらえなくなるんです。(市の定める例外自由は別です)

もう一つ、医療体制の問題があります。特養は終の棲家ですが、特養さんによっては胃ろう、気管切開、経鼻栄養、中心静脈栄養、吸引、重度な徘徊など医療行為が多くなった場合は、対応が難しくなることがあり、退所しなければいけないことがあります。というより、病院から戻れないという方が正しいのかもしれません。

 

そんな時、自宅に帰るのは難しいですから、療養病院、有料老人ホームに行く可能性が高くなります。

 

しかし、療養病院も特に医療処置がない場合は入るのが難しいですし、自宅も難しいとなった場合は有料老人ホームです。

有料老人ホームってどうやって探せばいいの?どこを見て選んだらいいの?

そういったお困りの時は私たちにお任せください!!

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(野口まで)

 

こんにちわ、名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの江上です

2015年02月23日

こんにちわ、名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの江上です

 

前回グループホームについて話したので認知症について話したいと思います。

認知症とは「生後いったん正常に発達した種々の精神機能が慢性的に減退・消失することで、日常生活・社会生活を営めない状態」をいいます。

65歳以上の高齢者のうち、推計で15パーセントの方が認知症で、2012年で患者数は約462万人に上るとのことです。また、。認知症になる可能性がある軽度認知障害の高齢者も約400万人いると推計。65歳以上の4人に1人が認知症とその予備軍となる計算になるとのことです。

ここで言いたいです。

誤解しがちですが認知症は病気なんです。私はここの部分が大事だと思います。

よく家族が認知症になったとき感情的に『どうしてこんなことができないの?』『どうしてわかってくれないの?』となってしまうとのことを聞きます。

身近で思い入れがある家族だからこそ、昔と比べてそう思ってしまうと思います。

 

本人もどうして家族がイライラしているのかわからない、昔のようにできないことで消極的になっていきます。

ただし、認知機能が衰えても人の表情は認識できると聞いたことがあります。

私も少しテレビで見たことがあるのですがケアの方法でユマニチュードというものがあるそうです。

この方法は、認知症の人に魔法をかけたように効果があると言われることがあるようです。

ユマニチュードは、見る話しかける触れる立つという4つの方法が柱となっていて、全部で約150もの技術があるそうです。

 

認知症について理解したい方は、まずは認知症サポーターの講習を受けられるのがいいかと思います。お金はかかりませんし、地域支援センターに問い合わせれば、講習を行ってくれると思います。

私たち名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターのスタッフも講習を受けました。なので、オレンジリングをつけています。見かけたら、気軽にご相談ください!!th

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(江上まで)

 

 

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ
三河知多老人ホーム・介護施設紹介センター

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
ケアシステム株式会社 企業情報
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ