名古屋で介護施設を探すなら名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

こんにちわ、名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの江上です

2015年02月23日

こんにちわ、名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの江上です

 

前回グループホームについて話したので認知症について話したいと思います。

認知症とは「生後いったん正常に発達した種々の精神機能が慢性的に減退・消失することで、日常生活・社会生活を営めない状態」をいいます。

65歳以上の高齢者のうち、推計で15パーセントの方が認知症で、2012年で患者数は約462万人に上るとのことです。また、。認知症になる可能性がある軽度認知障害の高齢者も約400万人いると推計。65歳以上の4人に1人が認知症とその予備軍となる計算になるとのことです。

ここで言いたいです。

誤解しがちですが認知症は病気なんです。私はここの部分が大事だと思います。

よく家族が認知症になったとき感情的に『どうしてこんなことができないの?』『どうしてわかってくれないの?』となってしまうとのことを聞きます。

身近で思い入れがある家族だからこそ、昔と比べてそう思ってしまうと思います。

 

本人もどうして家族がイライラしているのかわからない、昔のようにできないことで消極的になっていきます。

ただし、認知機能が衰えても人の表情は認識できると聞いたことがあります。

私も少しテレビで見たことがあるのですがケアの方法でユマニチュードというものがあるそうです。

この方法は、認知症の人に魔法をかけたように効果があると言われることがあるようです。

ユマニチュードは、見る話しかける触れる立つという4つの方法が柱となっていて、全部で約150もの技術があるそうです。

 

認知症について理解したい方は、まずは認知症サポーターの講習を受けられるのがいいかと思います。お金はかかりませんし、地域支援センターに問い合わせれば、講習を行ってくれると思います。

私たち名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターのスタッフも講習を受けました。なので、オレンジリングをつけています。見かけたら、気軽にご相談ください!!th

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(江上まで)

 

 

グループホームとは…

2015年02月19日

名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターです。

thADHFJ3RM

本日はこれからグループホームの方と打ち合わせです。

紹介方法について説明して欲しいと連絡を頂きました。

緊張するタイプです…汗

ご紹介について、基本的には施設の方にとっても、ご家族様・利用者様と同じ流れで入居まで進みます。

紹介を頂く・相談 → 施設選定(施設に事前打診) → 家族面談 → 施設に打診 → 施設の提案 → 見学日程調整 → 見学(同行) → 入居準備 → 入居

この流れで入居までサポートします。

施設を探し中の利用者様へ

インターネットで調べても、イメージが湧かない、施設を見学したが見るポイント、聞くポイントが分からない・聞き忘れた等を見学同行でフォローします。

施設の責任者の方へ

名前がイニシャルのFAXで情報が来て誰か分からないが、入居したら紹介料のお支払い、家族背景が分からない、見学当日に家族が来なくて、せっかくシフト調整したのに・・なんて事はありませんか?

名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターでは一件一件丁寧な対応で、ご入居まで、またアフターフォローもさせて頂きます。ぜひご利用ください。

さて、冒頭に話したグループホームってどんな施設なのと思われた方もいるのではないでしょうか?

グループホーム(別称:認知症高齢者グループホーム、認知症対応型共同生活介護)とは、社会福祉法人や地方自治体、NPO等によって運営される地域密着型の介護施設です。

グループホームにおいて入所者は、介護スタッフのサポートを受けながら、5~9人のユニット単位で互いに役割を分担しながら、共同で自立した生活を送る事で、症状の改善を図ります。但し、認知症の症状が進み、1人で着替え・食事摂取・排泄等ができなくなったり、慢性疾患の為に日常的な医療ケアが必要になったりすると退去しなくてはなりません。

名古屋市で大よそ9人で1ユニットが2つで18人定員の施設が多いです。

要支援2~要介護5の方が対象になっています。

よく誤解されがちですがグループホームは隣町の市の方でも入れるわけではありません。地域密着なので、その地域その街に住んでいる方が入居対象です。

また、施設によっては認知症の受け入れ段階が違いますので確認しましょう。

月額の金額では基本月額 + 雑費 + 介護保険込で16万~18万が名古屋市の平均です。

グループホームは専門のスタッフの援助を受けながら、作業を分担して自分で行いながら生活する事で認知症の進行を遅らせる事ができます。

但し、上にも書きましたが、医療行為には対応していないので医療行為が必要になった時は退去しなくてはなりませんので、施設を選ぶ際には頭の片隅に覚えておきましょう。

後は利用者様の性格にもよります。あまり集団での生活が好きではない方には向かないかもしれません。とはいえ、レクリエーションも充実しているところが多く、みんなで楽しく生活したい方にはお勧めです。

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、グループホーム等
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターへご連絡ください。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810

こんにちは、名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの神保です

2015年02月16日

こんにちは、名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの神保です。

 

 

今日は錦織選手がメンフィスオープンでV3を達成しましたね。錦織選手の地元ではテニス人口が増えているんだとか。

日本人が世界で活躍しているのを応援してくなりますね^^

 

さて、今日は介護付き有料老人ホームについてお話ししたいと思います。

 

介護付き有料老人ホームは各都道府県から介護保険の『特定施設入居者生活介護』の指定を受けた施設のことです。

なんじゃ?なんか難しい指定を受けた施設、堅苦しそうと思いますよね。

 

特定施設入居者生活介護とは入居している要介護者に対して、介護サービス計画に基き、入浴・排泄・食事等の介護、その他の日常生活上ならびに療養上のお世話、機能訓練をすること指します。これらのサービスを提供するための人員基準や設備、運営基準の条件を満たし、都道府県より指定を受けたホームのみ「介護付き 」有料老人ホームといいます。指定された施設の介護保険料は、介護度に合わせて1日当たりの介護保険1割自己負担額が定額となります

 

難しい話ではなくて、住宅型などの施設は入居者が少なければ配置するスタッフを減らすことができるのですが、介護付きの施設は(特定施設入居者生活介護)はあらかじめスタッフの配置が決められた数でないといけません。

基準は介護される人3人に1人のスタッフが原則となっています。(介護比率3:1)

この比率が低いほど手厚い介護になります。

 

介護付き有料老人ホームは住宅型やサ高住のように外部の介護サービスを使うのではなく、すべてその施設のスタッフがお世話をしてくれ、文字通り介護付きですから、一回30分の介護サービスを受けたらいくらではなく、一日のサービスがいくらという介護保険の料金体系になっています。

介護保険の一割負担についても、住宅型やサ高住と違い、要介護1と要介護5の人の差があまりありませんので、金銭的な負担の変化が少ない。

 

住宅型やサ高住は自由度があり選択ができますが、介護付きはすべて施設のサービスを使うことになります。つまり、サービスの選択の自由がないです。

外部のデイサービスは使えませんし、外部のケアマネージャーも使えません。

 

簡単に言えば、自分でいろいろ決めたい人は住宅型やサ高住を、人見知りでいつもの人にサービスをお願いしたい人は介護付きを選ぶのがいいのかなと思います。

一言に介護付きといっても、レクに力を入れているところや、リハビリに力を入れているところ、要支援でも入れるところがありますので、自分の重視したいところを決めて、まず見学に行かれることをお勧めします。

見学の日程調整もお昼ご飯の試食の交渉も見学同行もします。気軽にご連絡ください!!

p_moriyama00p_moriyama01p_moriyama02

写真は 介護付き有料老人ホーム ツクイサンシャイン守山

 

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(兼松まで)

 

 

 

こんにちは、名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの麻生です。

2015年02月12日

こんにちは、名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの麻生です。

 

 

この季節になると切ないですね~

え?何が切ないかって今日は2月12日、あと2日でバレンタインデーです!!

世の男性が一喜一憂するあの日です。私はもっぱら一憂ですが・・・・・・

そんなこんなで、もう新年始まって1か月経ちます。有料老人ホームにも1年通して、いろいろなイベントがあります。ゆくゆくどんなイベントをしているか話しますね。

 

さて、今日も予告通り、『住宅型有料老人ホーム』についてお話ししたいと思います。

 

住宅型の文字通り有料老人ホームのお部屋の一室が利用者の家になっており、介護が必要なときは訪問介護、訪問看護、通所介護を利用します。サ高住と一緒で外部サービスを自由に選択して受けることができます。

なので、好きなデイやケアマネージャーさんを選べます。

サ高住もそうですが、利用するサービスが増えると介護保険の一割負担額が増えるため、軽度のときに入所した時と重度の介護状態となったときとの金額の差が大きいです。

基本的にサービスはケアマネージャーさんの作ったケアプランにのっとってサービスが提供されます。

 

個人的には自分でいろいろ選んで決めたい人はサ高住や住宅型がいいのかなと思います。

 

それでは次回は介護付きについて話します☆

 

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(麻生まで)103

 

 

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ
三河知多老人ホーム・介護施設紹介センター

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
ケアシステム株式会社 企業情報
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ