名古屋で介護施設を探すなら名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

施設でできる医療ケアって?24時間看護師施設の比較

2017年04月04日

名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケアの兼松です。

名古屋で介護施設をお探しの際は、当有料老人ホーム紹介センターにご相談ください。

さて、最近では、病院での在院日数や患者さんの状態によっては、ずっと病院ににいられない。老健や特養では服薬している薬価や医療ケアによっては受け入れができないケースが多くあります。

そこで、選択肢として有料老人ホームの出番なのですが、医療的ケアが施設でどこまでできるのかです。具体的にお話いましょう。

以前から看護師体制により、できる範囲や安心感の違いについてはこのブログでもお話ししてきました。
・看護師がいなくて、往診のみ
・看護師日中常駐オンコール対応
・看護師24時間常駐

ご相談を受ける中で問題になるのがインスリン注射です。特に日中看護師常駐施設はインスリン対応が〇でも調整が必要なことがあります。注射は自分や家族が打てたり、服薬に変えたり、時間をずらしたりしてコントロールができればいいのですが、日中の看護師体制の施設だと看護師さんの勤務が早くて8:00~になります。朝食は7:30になりますので食後朝一番でのインスリン対応ができない。

IVHのポートあり(中心静脈栄養)や胃ろうについては受け入れできる施設が多いです。でも同じ経管栄養でも鼻腔栄養やPICCカテーテルは受け入れるところが少ないです。経鼻は抜去や交換の頻度がそのほかに比べて多いこと等があり、受け入れ施設が少ないのが現状です。

床ずれも施設で対応ができます。程度にもよりますが、集中的に訪問看護でケアもできます。

人工透析は介護施設ではできないので定期的に透析病院に通院することになります。透析の中でも腹膜透析というものがありますが、こちらは在宅でもできる方法ですが、介護施設で受け入れできる施設ほとんどありません。

気管切開や人工呼吸器については24時間看護師常駐で対応できますが、管理が容易ではないため、施設ごとに対応が分かれるところです。

有料老人ホームで医療的ケアができるといってもかなりの差の開きがあります。
また24時間看護師常駐で医療が得意と言っても2パターンに分かれます。

1.24時間看護師で入居者は要支援1~要介護5までいる。
確かに看護師はいますが、幅広く入居している施設では気管切開や人工呼吸器までは対応していないところもあります。

2.24時間看護師で口からの要介護4、5で食事摂取不可で寝たきりの方が中心の施設。
常時医療行為が必要な方が中心に入居しており、難病の特定疾患を持っていたり、ガンの末期の方がいたり、医師のいない病院に近いイメージ。終末期の方が多いのでイベントなどの活動は少ない。

この2つでは圧倒的に後者の方が医療的ケアは得意と言えるます。

名古屋では特養・老健が医療行為ができる施設がほとんどなく、医療行為が必要な方が介護施設を検討する場合は、有料老人ホームを探さなければいけないのが現状です。

対応できる施設を1件1件、状況を説明して対応できるか探すのは大変な作業です。名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケアでは介護施設の医療ケアがどのレベルかヒヤリングしデータベース化していますので、お問い合わせいただければ素早くご案内できますので、ぜひご相談ください。

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケアへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(兼松まで)

介護施設の見学施設の選び方は?

2017年03月28日

名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケアの兼松です。

名古屋で有料老人ホームをお探しの際は当紹介センターにご相談ください。

今まで介護施設の見方をご案内してきましたが、多くの方は介護施設の比較をして検討されます。もちろん、紹介センターとしても、介護施設としても比較検討を行い納得の上で満足度の高い施設選びをしていただきたいと思っています。

施設情報を集めてみたものの、どのように見学施設を選んだらいいの?と思う方もいるでしょう?
・じゃあ、集めた施設を全部見学しちゃえ!!
・とりあえず、1っ個みればいい。

否定はしませんが、たくさん見ると迷います。一個だけだと不安になります。

私はみなさんに条件に合った介護施設の情報を集めたら、3施設の見学を薦めています。
理由は1施設だと不安、2施設だと決めきれない、たくさんだと、介護施設の良いところ悪いところがわかるけど決めきれないのです。そのうち、自分たちが優先したいことがぶれてきて迷いだします。

基本は松・竹・梅の考え方です。

例えば基本料金の違う介護付き2施設と希望金額に近い住宅型1つとか、住宅型を2施設とサ高住を1施設とか

同じタイプで料金が少し違うものや全く違うタイプの介護施設を見学します。

そうすることで先入観で決めていた施設ではなくて、新たにいいと思える施設に出会ったり、本当に希望に近い施設を選ぶことができます。また、いいなと考えていた施設がやっぱりいいと感じることができます。

もし、見学施設を比較検討して決めたいときにどうすべきか迷われたときは当紹介センターの相談員にご相談ください。

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケアへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(兼松まで)

老人ホームでの誤嚥対策

2017年03月23日

名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケアの兼松です。

名古屋で有料老人ホームをお探しの際には、当有料老人ホーム紹介センターにご相談ください。

.老人ホームには様々な高齢者や、数多くの高齢者がいるため嚥下が困難な方も多いです。
嚥下が困難だということは、食べ物を飲み込むことが難しい高齢者が多いということです。
食べ物を上手く飲み込むことができない場合は、むせてしまうことが多くなったり、気管に入ってしまうことも考えられます。

・誤嚥をしないために老人ホームが行っている工夫とは?
老人ホームでは、様々な高齢者が同じ食べ物を口にするということもあり、老人ホームで提供している食事にとても気を使っています。
老人ホームでは誤嚥をしないように、高齢者でも食べ物が食べやすいように工夫されています。
通常の食事が上手く飲み込めないような高齢者の場合は、小刻みに切ったり、ミキサーにかけたりして高齢者でも食べやすいようにしています。
さらに、老人ホームでは食事を食べる際の姿勢も重視していて、適切な姿勢で食べることによって誤嚥をしないように注意をしています。
高齢者が誤嚥をしてしまうことで、肺炎になるリスクも高くなってしまうため、老人ホームではこれらに気をつけながら食事を取るようにしています。
誤嚥から肺炎になってしまう理由は、食べた物が胃に運ばれるのではなく気管に入ってしまうことで、拒否反応が起こり炎症を起こしてしまいます。
高齢者の場合は、これが原因で肺炎になってしまう可能性が高いので、老人ホームでは誤嚥をしないように注意深くチェックしています。

・機能訓練を行うことで飲み込む機能を高める
誤嚥をしてしまうのは噛む力が衰えてきたり、飲み込む力が衰えてくることで起こります。
ですので、普段から噛む力や飲み込む力を鍛える必要があると考えられます。
老人ホームでは噛む力や飲み込む力を鍛えるリハビリを行っていて、できるだけ自分の力で誤嚥をなくしていこうと考えています。
言語聴覚士にリハビリを行ってもらう方が効果的なのですが、老人ホームでは言語聴覚士を配置している施設が少なくなっています。
そのため、介護士によって飲み込みのリハビリをしている老人ホームもあります。

このように誤嚥をしてしまうことで病気になりやすいこともあるので、老人ホームでは誤嚥に関して特に注意をしています。
また、口腔体操を行うことで口の中の筋肉を和らげる効果もあるので、老人ホームでは食事を行う前にリハビリを行っている施設もあります。
多くの老人ホームで、一人一人の高齢者に対して誤嚥をしないように、注意しながら食事の補助を行っているのです。

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケアへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(兼松まで)

施設での外出レクとは?

2017年03月21日

名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケアの兼松です。

名古屋で有料老人ホームをお探しの際は当有料老人ホーム紹介センターにご相談ください。

いや~、みなさん春ですね!!
春の選抜高校野球や桜の咲く時期になりました。まだ少し、肌寒いときもありますが、出かけやすい季節になりました。先週見学の案内で東山動植物公園を通りましたが、3連休もあってすごい渋滞でした。

有料老人ホームでも施設の企画でお出かけができる施設があります。有料老人ホームに入るとどうしても生活の活動の範囲が施設の中だけになります。特に車いすの生活の方は外出に制限が出てしまいます。
そこで施設が遠足を企画し、いくつかのグループに分け近くの桜の名所や公園、喫茶店などに出かけます。
施設にもよりますが、料金は無料のところが多いです。ただし、外出先での飲食等は実費になります。

有料老人ホーム側も実施するのには随行スタッフの確保・場所の選定・スタッフ間の連携の確保・持ち物や緊急対応の準備などの労力がかかるのでスタッフが充足していないとなかなかできないので、実施している施設は少ないです。

外出レクは以下のいいこと

・引きこもりの防止
・意欲の向上
・認知症の予防
・ストレスの解消

普段のレクにはない刺激があります。外に出て空気や匂い・気温・景色・何より外出ができなくなっていった中でまた外出ができるという喜びを感じられます。

気持ちが前向きになるともう一回、もっと外出したいと思うでしょう。じゃあ、頑張ってリハビリしようとか、元気でいたいからお部屋から出て廊下を歩いて・・・日々の活動量の増加につながります。活動量が増えると、食事量も上がります(お腹がすくじゃないですか)

よくご相談の中で家族から、お部屋にこもりきりにさせたくない。活動量を増やして、いきいき過ごしてほしい、寝たきりにならないようにリハビリができる施設がいいというご要望をお聞きします。
直接的なアプローチはリハビリや居室から共有スペースに移してもらう方法が多いですが、心に働きかけるアプローチをしている施設もありますので、そういった施設を選ぶのもありだと思います。

以前、このブログで認知症情動療法について取り上げたことがありますが、それに近いですね。

とはいえ、どこの有料老人ホームが外出レクをやっているのかわからないですよね?
そういった有料老人ホームをお探しときは当紹介センターにご相談ください。

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケアへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(兼松まで)

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ
三河知多老人ホーム・介護施設紹介センター

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
営業職・スタッフ募集中
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ