名古屋で介護施設を探すなら名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

24時間看護師常駐の有料老人ホーム、同じ24時間看護体制のでも違うポイントは?

2016年11月17日

名古屋老人ホーム・紹介センターの兼松です。

名古屋で有料老人ホームをお探しの際は、当有料老人ホーム紹介センターにご相談ください。

 

さて、今日は24時間看護体制の有料老人ホームの看護体制について話したいと思います。

最近では病院に少しの医療行為があるだけではいられなくなりました。また、名古屋は特養や老健の医療対応が24時間体制の有料老人ホームより弱いエリアでもあります。

 

簡単に言うと痰吸引の対応、経管栄養の対応が難しい(経鼻やIVHなど)、インスリン、人工呼吸器が対応できない特養が多い。24時間看護体制の有料老人ホームの方が対応できることがあります。

 

では、24時間看護体制を敷いている有料老人ホームにも医療対応力に差があることはご存知ですか?

前述した部分でもありましたが、人員配置や看護師のレベルによっては施設ごとに違いがあります。安心を重視したい方には意識していただきたいところです。

1、病院が運営している。

医療法人が運営している有料老人ホームで24時間対応については比較的管理者が医療知識が豊富な方が多いことがあり、対応できる幅が広い。ただし、基本的には往診医の判断によるところがある。

2、看護師の体制が多い

決して有料老人ホームは病院ではありませんので、治療というより対処療法が中心になります。しかし、痰の吸引が多い方や常時医療管理が必要の方の場合、看護体制が24時間であっても人員が不足していて対応力が弱いとせっかく高額の入居費を払っても元も子もありません。

例えば、入居者100人に対して日中4人夜間1人の看護体制や50人で日中2人夜間1人の看護体制は確かに24時間ですが1人の看護師に対して25人の利用者がついていることになります。

夜間になれば負担は大きく、同時に痰吸引や医療行為が起これば大変です。

 

反対に入居者30人対して日中看護師5人夜間2人の施設であれば看護師1人対して6人の看護師さんがついていることになります。

有料老人ホームの24時間体制の施設でも医療に特化しているところと生活の場で安心して暮せることに特化している施設に分かれます。

どちらも同じようで特徴や施設の雰囲気は大きく違います。希望に合ったところを選びたいですね。

ちなみに有料老人ホームは病院ではなく療養や生活の場でありますが、病院と看護体制を比較したいと思います。

 

治療が中心になる急性期病棟(名古屋市だと名古屋市立大など)

看護師1人足して7人の患者さん

看護師1人足して10人の患者さん

それ以外の回復期、慢性期の病院

13対1、15対1、18対1、20対1

 

医療特化で看護体制が多いところだと日中は急性期病院に引けを取らないところがあることになります。

 

当有料老人ホーム紹介センターでは紹介を行う上で取材を行い、看護体制もヒヤリングしていますのでお問いあわせください。

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケアへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(兼松まで)

 

 

 

有料老人ホームに入るとき、何を重視しますか?

2016年11月14日

名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの兼松です。

 

名古屋で老人ホームをお探しの際は、当有料老人ホーム介護施設紹介センターにご相談ください。

 

さて、今まで様々な観点から有料老人ホームの選ぶ際のポイントをお伝えしてきました。

・エリア、交通

・金額

・安心の医療対応

・綺麗な住環境

選ぶポイントはさまざま、でも、これは選ぶポイント表面的なの一部分でもあります。

 

最近、見学の同行をした時のことです。少しその時のことをお話ししたいと思います。

80代女性 もともと明るく、話すことが好きで食べることも好き

転倒から入退院を繰り返す、その中で腎臓や心臓の力の低下がみられ、胸水がたまったりしていた。最初はリハビリも意欲的だったが、体力の低下と気力の低下がみられて、家族としてもどうすべきか悩んでいた。

病気のこともあり、24時間の看護体制のある介護付き有料老人ホームを案内しました。

一つは理学療法士が常駐していて、体操や専門のレクがあるリハビリ体操は活気に満ちている施設。

もう一つは、日々の生活を穏やかに過ごすためにできないことは手助けして、やれることは見守りながら無理をしない程度に車いすなら、車いすで楽しく生活できる施設。

 

どちらも、好評の施設ですし、レクリエーションには定評があり、看護体制も24時間です。大きく違うのは生活の様子。(リハビリ・レク・食事および食事管理)

 

最初の施設はリハビリにレクにお風呂も週3回と結構忙しいですが毎日が部屋にこもることがなくアクティブ。もちろん、内臓疾患があるので様子を見ながら休む時間も作ります。

 

もう一方の施設では、『入退院を繰り返して自分が体力が落ちていくのも実感して、食事も病院食、病院の中で過ごすのは自身も気力もなくしますよね。かと言って、体力がしんどい中できついリハビリはつらい。ご高齢で今まで頑張ってきたのにまた頑張るのはつらいものがあります。まずは無理はしないようにしましょう。車椅子でもできることをやってもらって、食事も看護師と相談しながら好きなものを食べたりして、生活を楽しんで気力の回復を目指しましょう。』という提案でした。

 

生活の様子で選ぶとなると、パンフレットでは測れません。

ご家族さまの意向は元気になってもらいたい気持ちはありましたが無理はしてほしくない、辛い思いはしてほしくない。明るくなってほしい。よくしゃべる母に戻ってほしいという希望でした。部屋にこもりきりの生活より明るく穏やかな生活を送らせてあげることが見学の結果、辿りついた答えでした。

 

相談を受ける中でリハビリを受けさせたいという相談もあります。身体的に元気になってほしいというのも一つの選択肢です。体が元気なれば、活動的になれると思います。ただ、それまでの過程は本人が頑張らなきゃいけません。高齢になってこれまで頑張ってきて、しんどいのにまた頑張るのも考え方によっては大変なこと。

 

今回は穏やかな生活とリハビリのあるアクティブな生活が比較になりましたが、有料老人ホームに入った後にどんな生活をしてほしいですか?また、どんな生活が送ることができることを重視したいですか?

 

有料老人ホームによってコンセプトや管理者の考え(介護観)はさまざまです。

限られた条件の中で本人に代わってベストな場所を選びたいときにもう一つのポイントになると思います。

もし、迷ったら、当紹介センターの相談員にご相談ください。

 

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケアへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(兼松まで)

 

排泄ケアのことを聞いてみよう

2016年11月07日

名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの兼松です。

名古屋で老人ホームをお探しの際は当有料老人ホーム紹介センターにご相談ください。

 

寒くなってきて風邪をひきやすい季節になりましたので気をつけたいですね。

 

さて、有料老人ホームで排泄ケアはとっても重要なことなのですが、みなさん当然のことようで見学の際は気にならないことだと思います。

排泄は人間にとって尊厳的な行為です。人は尿意や便意があるとトイレに行き、座って排泄行為を行います。それが体の機能が低下してきたり、認知症になると、トイレまで行くことができなくなり、間に合わなくなって失禁したりします。やがてリハビリパンツをはくようになり、オムツになり、オムツの中で排泄するようになり、尿意や便意などの感覚が失われていきます。

できるなら、できるだけトイレで排泄をしたいですし、してほしいです。利用者本人も排泄の失敗から自信を無くして、気力が失われることもあると思います。

 

見学の際にトイレ誘導の回数や、排泄についての施設の考え方、声掛けの頻度、夜間の対応(夜間はオムツで対応なのか、起こしてトイレに連れて行くのか)を確認しましょう。

 

高齢者の方は少なからず、自分の『最後』を意識していらっしゃる方が多いです。尊厳を持って最後の時を迎えたい方は増えています。

例えば、トイレが頻回の方は介護付きを選ぶなど、施設のタイプによってて適している場合もありますので、迷われた場合は、当有料老人ホーム紹介センターにご相談ください。

 

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケアへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(兼松まで)

お父さん・お母さんの性格・特技は把握していますか?

2016年10月21日

名古屋老人ホーム・介護施設紹介センターの兼松です。

 

名古屋で有料老人ホームをお探しの際は、当有料老人ホーム紹介センターにご相談ください。

 

 

有料老人ホームを探す際に、近い・綺麗・安心・安いなどの条件的な部分で探すのもそうですが、そこに入ってどういう生活がしてほしいかが大切で施設のコンセプトや考え方を本人に合うかを見てみましょう。

ところで、自分のお母さん・お父さんの性格や趣味・人付き合い、どういう人生送ってきたことをしっかり把握していますか?

 

親子なんだから、当たり前じゃん!!確かにそうだといいですが、離れて暮らしていたりすると、把握が難しいですよね。

施設見学の時、施設長さんや管理者さんに伝えられるのとケアプランに反映できるし、介護する方もどうやって介護するのか想像しやすいので、見学の時の面談で伝えられるとより良い見学になります。また、家族さまとしても、その話をした時の相手の反応が施設選びの材料にもなると思います。

 

特にグループホームはもともとのできたことや得意だったこと、性格が介護の中に活かされる要素が大きいと思います。

例えば、料理が得意な人はグループホームのスタッフに料理を教えるような形で一緒に料理を作ったり、もともとの生活の状況をなるべく施設内で再現したりします。

 

施設選びの中で、両親の性格を理解して有料老人ホーム側に伝えることは施設選びをするうえで重要です。目に見える条件ではなくて、こういったところから選ぶのもより100パーセントの選択に近づける方法だと思います。

両親の性格・特技を聞いて見学の時、ただ聞いて書き留める施設と具体的な介護例を挙げてくれる施設では入所後に相談のしやすさだったり、安心感は大きく違ってくると思います。

 

当紹介センターにご相談の際にも、教えていただけるとよりマッチした有料老人ホームをご紹介できますので是非面談時にお話しください。

 

 

<<老人ホームをお探しの皆様へ>>
名古屋市内の老人ホーム情報はどこよりも詳しく把握しています。
有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなど
老人ホームでお悩みの方は名古屋老人ホーム・介護施設紹介センター・ハローケアへご連絡下さい。
【お問い合わせはこちら】→0800-100-0810(兼松まで)

 

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ
三河知多老人ホーム・介護施設紹介センター

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
営業職・スタッフ募集中
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ